【Next零 ;更新記事】


機材台車
(伊波桜化)



Canon HF G20
ワイコン比較テスト



自作LANCリモコン
製作レポート



JVC GY-HM650
試用レポート



Bluetoothインカム



EDIUS @ Mac



FUJINON XT17s
レンズレポート



EDIUS6 レポート



LEDビデオライト
SONY HVL-LBPA



GPGPU と NLE



HDR-XR520V
使用レポート



FIRECODER Blu
レポート



Core i7 で NLE



HVR-S270J
関連レポート



HD→SDダウンコン検証




【Note; Affiliate】

rss 1.0


楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT



〜 創想雑誌 〜


−>>2017/06/29/(Thu) オーディナルスケール、起動!

 うわ〜〜。
 6月は一度も更新せずに終わるところだった……。
 5月のインドネシア滞在報告以来の放置で、申し訳ありません。
 無事に2週分のオンエアも終わり、高い評価も頂けました。

 さて、久々の更新ネタはアニオタ話で(笑


 6月中旬、待ちに待ったヘッドフォンと音楽プレイヤーが届いた。

 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
 h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)
 「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」モデル

 と
 ウォークマン® Aシリーズ
 「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」モデル

 の2製品だ。

 「ソードアート・オンライン」は、川原礫によるライトノベル作品で、2012年〜2014年に掛けてアニメ放送された作品。
 作品内容を簡単にまとめれば、仮想現実ゲームの世界に、視覚だけでなく、人間の五感の全てを持ち込める(フルダイブ)できるテクノロジーのある世界(時代設定は2022年)。
 主人公達は、ゲームを楽しむために「ソードアート・オンライン」の世界にダイブするのだが、開発者の仕組んだ陰謀で、ゲームからログアウト……抜け出せなくなってしまう。
 しかも、ゲーム内で自分のキャラクターが死ぬと、現実の肉体も死んでしまうと言うリアルデスゲームという、現実社会をも巻き込む事件が発生し……。
 という流れ。

 物語としてもアニメーションとしても、大変に楽しめる作品で、近年の私のお気に入り作品の一つだ。


<©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project>


 その劇場作品となる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』が今年の春に公開され、それに併せて様々なコラボレーションキャンペーンが展開された。
 そのひとつが、SONYのウォークマンとヘッドフォンのコラボ製品だ。


<「Mステ」×「劇場版SAO」特別映像/アニプレックス>


 作中では、さりげなくヒロインが、このヘッドフォンを自宅の部屋で着けて音楽を聞いているシーンがある。
 そんな劇場版 ソードアート・オンラインを鑑賞しに行った流れで、SONYストアで上記商品を予約購入。
 3月上旬の事だが、この時点で既に「入荷は早くても6月以降になります」とまさかの入荷待ち告知。
 3月下旬から5月まで続く海外出張ラッシュの為に購入し活用するつもりが、大ハズレとなった。 

 4月上旬に入って、本来は4月末までの限定発売のはずが、「予約多数のため受付終了が繰り上がるかも」という告知がSONYから為され、その1週間ほど後に「完売のため販売終了」が通告されるという程の人気ぶりだった。

 そして、私の海外出張ラッシュも落ち着いた6月中旬になって漸く「ソードアート・オンライン」コラボのヘッドフォンとウォークマンが手元に届いた。

 ウォークマンのオリジナルは“NW-A35”で、本体のストレージ容量は16GBと控えめ。ただし、microSDカードに対応しているため、ストレージの増量は可能だ。
 192kHz/24bitの所謂「ハイレゾ」音源にも対応。サポートする方式はWAV/AIFF/FLAC/Apple Losslessなど。
 また、従来音源をアップスケーリングする「DSEE HX」やハイレゾ対応のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載する。
 Bluetooth方式のワイヤレスヘッドフォンにも対応。LDACコーデックにより 990kbpsでの伝送をサポートし「ハイレゾ相当」の音源を再現する。

 
 「ソードアート・オンライン」モデルでは、背面にソードアート・オンラインの主人公キリトとヒロインのアスナの武器をモチーフにしたオリジナルデザインが刻印され、また劇場版主題歌の『Catch the Moument』のハイレゾ音源がプリインストールされているのが特徴となる。


<背面のデザイン>


 ヘッドフォンは、MDR-100ABNが素体で、主人公をイメージしたチャコールブラックと、ヒロインをイメージしたシナバーレッドがカラーラインナップとして用意された。


 MDR-100ABNはハイレゾ対応ヘッドフォンで、かつワイヤレス・ノイズキャンセリング・音域補完などの技術に対応している。
 「ソードアート・オンライン」モデルでは主人公達のそれぞれの武器の他に、名前が刻印されており、チャコールブラックには「KIRITO」、シナバーレッドには「ASUNA」の名前が刻まれている。


 デザイン的には、アニメアニメしたモノではなく、知っている人だけが気が付けるような「マニアの嗜み」的なアイテムである。
 既に、完売してしまった当モデルだが、ヤフオクを覗いてみるとプレミア価格での出品が散見される。
 ファンには嬉しい製品だけに、是非とも再販などで正常な価格で行き渡って欲しいと願う。
 

 さて、私が購入したのは、チャコールブラックのウォークマンと、シナバーレッドのヘッドフォンである。
 基本的に、私は黒い服装が多いので、ヘッドフォンぐらいはワンポイントカラーで赤を差してみようと、色気を出したわけである(笑

 両者本来のハイレゾ性能を引き出すには、有線接続を行うことになるのだが、日常的にはワイヤレスで利用するのが便利に感じている。
 また、電車移動の時は勿論、先日は伊丹−羽田を飛行機で往復したが、デジタルノイズキャンセリングの効果は覿面で快適な空の旅を音楽と共に楽しめた。
 
 個人的には、Bluetooth接続によるデフォルトの音質よりも、イコライザーなどで自分好みの音質に弄って、音楽を楽しみたいと思っている。
 ワイヤレス接続の場合は、そういった音質調整が無効になってしまうようなので、ワイヤードという煩わしさが伴うものの、優先接続でもっと音楽を堪能していきたいと思う。

 次の海外出張が、楽しみである!


△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2017/05/10/(Wed) インドネシア、滞在中。

 ただいま、インドネシアにロケに来ています。


 NAB SHOW 2017 写真レポ△竜事を書かないまま、旅立ちました(笑
 ◆△△譴个いい任垢諭頁

 さて、今回の旅装。
 長年使っていたスーツケースを買い換えました。
 今回は、憧れ?の RIMOWA。勿論、アルミニウム。
 電子タグ付きのやつではありませんが…。
 今年だけでも、今日までに既に延べ5ヶ国、海外ロケ出張してますので、直ぐに元は取れるでしょう。


 今日で、インドネシア入りして3日目。
 ロケは2日目です。
 急遽の予定変更など、初日からスケジュールの変更が続いていますが、海外ロケではよくある事。
 皆、海外ロケには慣れたメンバーですから慌てることもありません。
 上手くスケジュールを遣り繰りして、ロケ期間中に完遂するでしょう。


 今回も、メインカメラは JVC GY-HM660。
 安定の使いやすさです。
 デジロケは、このカメラが私にとっては最上級。
 日頃、国内撮影では他社のデジも使いますが、使い勝手だけは HM660 はどのカメラにも劣りません。
 負けている所と言えば……価格かな?(笑
 早く、販売価格がお手頃になって欲しいです。


 サブ機には、Panasonic DC-GH5。
 最近の取材の定番です。
 画質は勿論のこと、強力な本体手振れ補正による移動ショットや、あとはミラーレス一眼という外見上の特徴を活かして、現場では助けられることが有ります。
 どういう使い方があるのかは、炎上予防のために書きませんけど(笑


 私にとってインドネシアは初めて訪れる国ですが、居心地が良いですね。
 観光地としてもトップクラスである理由が、街や人々の雰囲気から理解できます。
 物価も安いしね☆


 お天気も良く、綺麗な風景や伝統的な建物など、撮りたくなる物がたくさん有ります!
 たっぷりと撮影して帰りますよ〜!


△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2017/04/29/(Sat) NAB SHOW 2017 写真レポ

 煌びやかなラスベガスの夜。
 昼間はラスベガス・コンベンションセンターで戦い。
 夜はヘトヘトで、享楽的な街の雰囲気が、むしろシンドイ…。

 SONYブース。

 インスタントHDRというグレーディングを必要としない、HDR映像収録と表示の提案。
 PXW-FS5 と PXW-Z150 がファームウェアアップデートで対応予定。
 映像は、鮮烈なまでに綺麗になっていた。

 コンパクトミキサーの MCX-500。
 ファームウェアアップデートにより、タッチパネル式のTバーが実装。
 さらに、ロゴ表示機能や、NEXT Magnification というPreview(Next)側のカメラ映像を拡大(100%表示)する機能を追加。


 ミラーレス一眼 α9。
 展示機には常に人集り。

 Grass Valleyブースの EDIUS Pro 8.5。
 先日アップロードした「NAB SHOW 2017 撮影旅行紀。」の動画編集も、EDIUS Pro 8.5 によるもの。
 今回は、会場の EDIUS でデモ再生する為の映像を提供させて頂きました。
 GH5 で撮影した大阪芸術大学テレビ様の 4K 60pの桜映像と、現地で撮影したラスベガスの夜景や RED ROCK CANYON などの映像です。
 本当は、4K 30p 4:2:2 10bit 素材があれば良かったのですが、現地に入ってからの Grass Valley様からのお問い合わせだったので、有り物を提供させてもらいました。

 IDXからSONY Lバッテリー互換の SL-F70 と F-50。
 X-tapとUSB電源端子がついて、さらにバッテリー残量LED表示機能まで搭載されて、Lバッテリーとしては最強。
 しかも、安心のIDX。最強。

 歩くテストパターン

 戻ってきた、GoPro社の KARMA。
 残念ながら、一時期の GoPro社ブースの熱は失われていた印象。
 再び飛び上がることはできるのか??
 

 常に人集りの DJIブース。
 ドローンと電動スタビライザーが所狭しと。
 RONIN 2 が大人気で、またブース内では RONIN 2 の様々な活用スタイルでの展示を見る事ができた。

 Libec社の新しい LANCリモコン ZFC-L。
 ズームレバーの形状が新しくデザインされ、レバーの両端にも指が掛けられる工夫がされている。
 ズームレバー方向のリバース機能付き。
 フォーカス調整もボタンで可能。
 なお、北米版は LANCとPanasonic の切り替えタイプもあるが、日本国内は大人の事情で LANC版のみ。
 

 クロジールの GH5用ケージ。
 NAB取材仕様の自分の GH5 に組ませてもらったが、XRLユニットが干渉せず、良い感じ。
 これをベースに、自分スタイルのリグを組み上げるのも良いかも。


 ATOMOS SUMO。
 19インチの高輝度モニタ & 4K 60p レコーダ。
 結構重くて重量あり。
 パネル解像度は HD。
 将来的には、4Kパネルの YOKOZUNA とか出てくるのかな?

 JVCケンウッドでは、同社のPTZカメラ用コンソール RM-LP100 を使って、HMシリーズをコントロールできるシステムのデモ。
 タブレットなどのタッチパネルではなく、こうした物理的なボタンやダイアルがついている制御卓でコントロールできるのは、慌ただしい現場では重要。
 アイリスやホワイトバランスの他に、カメラの画質調整や、ズーム・フォーカスなどの制御も可能。

 今年も、爆走中の BlackmagicDesign。
 VideoAssist 4K がマルチリンガル化。
 さらに、波形モニタ機能などを搭載。

 また、DaVinci Resolve がバージョン 14へ進化。
 オーディオ編集の Fairlight が統合されたほか、有償版が大幅値下げで 33,980 円に!!!
 もう、買う以外の選択肢が見つからない!

△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2017/04/23/(Sun) NAB SHOW 2017 撮影旅行紀。



 昨日22日(金)にプレス受付を済ませ、今日からプレスカンファレンス。
 既に、SONY と Panasonic のカンファレンスに出席させてもらった。
 さらに、夜は ZEISS のディナーパーティーで、新製品を直接手に取って触ることが出来た。ご飯も食べられた(笑)

 さて、我々は20日(木)にアメリカ入りして、夜にラスベガスに到着している。
 そこから今日まで何をしているかと言えば、撮影旅行である。
 NAB取材に係る旅費・宿泊費は、実はみんな自腹。
 決して記事や映像を配信するメディア会社が負担してくれているわけではない。
 我々としては、こちらで取材活動を行ってそれを、お金に換えて日本とラスベガスを往復するわけである。


<Panasonic のプレスカンファレンス取材>


 そんな事情なので、ただ来て、NAB取材だけして帰国したのでは割に合わない訳である。
 ということで、NABの前後は「折角アメリカまで来ているんだから、素材撮影をして帰ろう」という事になっていて、昨年は Death Valley や Valley of Fire へ撮影をしに行った。
 タダでは帰らないという姿勢だ(笑


<一年ぶりの左ハンドル・右車線。緊張。>


 今年は、まず RED ROCK CANYON へ。
 と言っても小一時間、カメラやレンズの様子を見ながら撮影する程度。
 私は標準レンズやら望遠レンズを付け替えながら、レンズと GH5 の使い勝手を再確認した。


 その次に向かったのが、ヘリコプターでの夜間遊覧飛行。
 これは私からのオーダー。
 ここ1年以上ヘリに乗っていないという欲求不満と、以前にラスベガスの夜景を撮影したことがあったので、また是非と思い提案してみた。
 夜22時頃。15分前後のラスベガス上空の遊覧だ。


 GH5の強力な手振れ補正の効き具合の確認や 4K夜景空撮という美味しい素材を手に入れることが出来た。
 今回の取材メンバーの中にはヘリコプターに乗ったことがないという人も居たので、非常に楽しんでくれたのではと思う。

 翌日は、ガン・シューティング。
 実弾中による射撃アクティビティーだ。


 砂漠の真ん中に、試射場が構えられており、そこで軍用含め様々な銃を撃たせてもらった。
 FS5が 240fps のフルHDハイスピード撮影ができるので、ハイスピード撮影仕様に。
 流石に銃弾は写らないが、排莢の瞬間は写るだろうということでセットアップしてもらった。
 勿論、銃を撃つのは我々。
 みんな実弾銃を撃つのは初めてだったので、しっかりとインストラクターの指導に耳を傾けての試写だった。



 感想は、拳銃は当たらない、ライフルは素人でも300メートルぐらいなら当てられるという感じ。
 スナイピングはハマりそうだ(笑
 4Kでの撮影は銃の質感や着弾の砂埃が綺麗に写っている。
 ハイスピード撮影は、排莢のモーションが滑らかに撮影できていた。

 そんな感じで、昨日までは遊……映像資料作りに精を出した! 仕事した!!

 幸い、GH5で撮影した素材を NAB で使わせてほしいという某メーカーさんからの問い合わせが早速あり、国内で撮影した素材と合わせて準備中である。

 さて、いよいよ明日から怒涛の取材が始まる。
 今年は昨年よりも、出稿するメディアが増え、また会期が月末に近いことから、原稿の締め切りがギリギリ…というか会期中に締め切りが来るというハードスケジュールである。
 
 さ、今年もフルパワーでいくぞ!!


△このページのTOPへ戻る

 

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2017/04/23/(Sun) E・N・G・H・5。

 真夜中の大人の遊び。

 
 Panasonic DC-GH5 を ENGカメラ化してみよう計画が、なんとなくホテルの部屋で始まる。
 VIDEO NETWORK の岡さんが持ってきておられたリグセットをバラして、GH5用にリビルドを試みる。

 レンズは、Canon CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S + ZSG-C10。
 VFを ZACTO Z-EVF-IF。


<ワイヤレス受信が取り付けてあるプレートは 1kg のウエイトなので、バランスも良い。>


 とりあえず即席なので、課題は色々あるのだが、それっぽい物が組み上がった。

 これが中々しっくりくる。

 レンズアダプタとして Metabones の Speed Boosters EFーMFT 変換を噛ましているため、明るさも一絞り明るくなり、F 2.8通しのレンズに。
 画角も、ワイド端が 18 × 2 × 0.71 で、約25.6mm(35mm換算)の標準レンズになる。


 レンズグリップの ZSG-C10 も付けてあるので、担いでしまえば完全にENG感覚でカメラを振れる。
 「 GH5で 4K 60p の TVバラエティー撮影できるわ!」と歓喜である。

 GH5 の HDMI出力は、出力画にピーキング表示を乗せることができる。
 GH5 のピーキングの付き方は大変にシビアで信頼できるので、それをそのまま外部VFやモニターで活用できるのは有り難い。

 また、出力画に乗るキャラクターは、小さなサイズのフォントで表示されるため、狭い VF の中でも邪魔にならず、画作りもし易い。

 とりあえず、担いだときのバランスやレンズワークが ENGスタイルのままで、扱いやすい。
 はやり「ビデオカメラは、こうじゃないとね!!」と確信してしまった。


 一度このスタイルで、NAB SHOW 2017 の取材を行ってみたいと思っている。

△このページのTOPへ戻る

コメント

まるめ(2017/05/09 03:36)
ご無沙汰しております。
先達ての現場で宏哉さんからよろしくと伝え聞きましたので
FBやめちゃったので此方にコメントをさせて頂きました(*´◒`*)
いつかどこかでまたご一緒させて頂ければ幸いです(*´◒`*)

まるめ(2017/05/09 03:41)
顔文字が化けちゃってますね…>_<…
ENGH5楽しそうでしたから、此方のエントリーに
コメントさせて頂きました&#1641;( 'ω' )&#1608;

宏哉(2017/05/09 23:48)
まるめさんご無沙汰です!
やはり、“あの現場”の“まるめさん”は“まるめさん”でしたか(笑
前日まであの現場にいたのですが、入れ違いになってしまいましたね。残念でした。
また、どこかで宜しくお願いいたします。
ありがとうございました☆

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→