【Next零 ;更新記事】


機材台車
(伊波桜化)



Canon HF G20
ワイコン比較テスト



自作LANCリモコン
製作レポート



JVC GY-HM650
試用レポート



Bluetoothインカム



EDIUS @ Mac



FUJINON XT17s
レンズレポート



EDIUS6 レポート



LEDビデオライト
SONY HVL-LBPA



GPGPU と NLE



HDR-XR520V
使用レポート



FIRECODER Blu
レポート



Core i7 で NLE



HVR-S270J
関連レポート



HD→SDダウンコン検証




【Note; Affiliate】

rss 1.0


楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT



〜 創想雑誌 〜


−>>2019/05/04/(Sat) ベトナム、そして、タイ。

 令和元年。
 皆様いかがお過ごしでしょうか?

 NAB Show 2019 のレポートはどうしたかって?
 ………すみません。
 PRONEWSさんと VIDEO JOURNALさんの記事執筆で、力尽きました。
 レポート記事はこちらからご覧下さい(汗
 https://www.pronews.jp/special/nab2019
 http://www.videojournal.co.jp/



 
 さて、私は4月25日から海外ロケに出ています。
 今回はベトナムとタイの2ヶ国。
 「平成」から「令和」に変わる瞬間は、タイにてスタッフと祝杯を挙げていました。


<ベトナム取材中。>


 ベトナムは今年の1月にロケに行ったばかりなのですが、半年を待たずして、またやって来ました。
 前回はハノイでしたが、今回は別の地方なので、また別の視点やネタで取材できていて楽しいです。
 今回のベトナムには、メインカメラの JVC GY-HM660 の他にもドローン DJI PHANTOM 4 Pro を持ち込んでいます。
 海外ロケ……特にリゾート地などの取材では、陸は勿論、海や空からも映像を捉えます。
 しかし就中ドローン撮影は注意が必要です。
 それは、国によってドローン対する規制や法律が違うからです。


 ベトナムの場合は、基本的には無許可でドローンを飛ばすことは禁止されています。
 政令第36号/2008/ND-CPにより、事前申請が必要になります。
 また外国人がドローンを持ち込む際、無許可の持ち込みは、そもそも空港での入国時の税関検査でドローン自体を没収される恐れがあります。
 当然ながら我々は、事前にドローンのベトナム持ち込み許可と、国内でのフライト許可を取っています。

 ベトナムでは、テレビ撮影には取材を監視する役人「インスペクター」がベトナム政府の外務省から派遣されます。インスペクターは我々の取材に終始同行し、ロケ内容を監視する役目を負っています。
 ……と書くと、すごく窮屈そうに聞こえますが、実際ところは「監視」というほどの事は無く、むしろ政府から取材許可を得ているお墨付きを与えてくれる役割を現在は果たしています。政府から出されている許可書を携帯しているので、公的施設などの取材は寧ろスムーズに行えます。
 10年程前は、帰国前日から数時間前に取材テープを全てインスペクターに預けて、当局で内容をチェック。その後、収録テープは厳重に封印がされ、ベトナムを出国するまでは開封不許可の体制が取られていましたが、現在はそんなシステムも無くなっています。
 私は何度かベトナムロケを行っていますが、インスペクターさんが以前と同じ人ということも度々あり「ご無沙汰しています。今回も宜しくお願いします」ぐらいのお互い勝手知ったる関係だったりもします。

 さて、インスペクターの話が長くなりましたが、ベトナムの空港では無許可のドローンの持ち込みは没収対象のため、空港税関までインスペクターさんが来てくれて、我々のドローン持ち込みが政府公認であることを税関に証明してくれます。そのため、スムーズにベトナム国内にドローンを持ち込むことができました。

 また、ベトナム国内でのドローンフライトは無許可ではできないのは先に述べた通り。
 こちらは、現地のコーディネーターさんを通じて『国防省』にフライトを申請。
 人民軍総参謀部作戦局から許可をもらっています。

 さらに、日本でいう国土交通省に当たる機関からも、市街地でのフライト許可をもらっているため、飛行制限エリアでのフライト規制も解除されています。
 夜間飛行もOKになっていました。
 加えて、世界遺産上空のフライトも許諾申請を通して頂き、貴重な世界遺産の空撮も実現しました。


<ベトナム、世界遺産でのフライト。>


 もちろん許諾とは別に、最大限の安全管理をフライト時には行っています。
 ドローンの飛行状態を目視で確認する監視員を2名立てて、有視界内で常に機体の位置を把握し、衝突などによる制御不能や墜落の無いように体制を作りました。
 一回一回のフライト時間を短くし、不用意に滞空させないなど、安全を考慮しています。
 当然ながら、海外対応のドローン保険にも加入しています。

 そうした体制で、海外でのドローンフライトを行っています。

 ドローンに対しては、各国で年々法整備が進んでいるため、前回と今回では法律が変わっている場合もあります。
 国によっては、免許制になっていたり、自国の業者しかドローン空撮を認めていなかったり、そもそもドローンの海外からの持ち込みを規制したりもします。
 いま滞在2ヶ国目であるタイ王国は、海外からのドローン持ち込みは禁止。税関で見つかると没収並びに罰金が科されます。我々のように別の国で利用して、やむを得ずドローンをタイに持ち込む場合は、税関で事情を説明して税関で預かってもらう事もでき、帰国時に返却手続きを取るなどの方法もあります。

 ドローンは、軍事や安全保障にも関連するため、海外での利用や持ち込みは大変に注意が必要です。その国ごとのドローン規制をしっかりと勉強しておきましょう。
 日本国内でのドローンに関する法律すら理解していない人は、絶対に海外にドローンを持って行くべきではありません。

 ドローンでの空撮は、いつも素晴らしい映像を提供してくれます。
 そのような体験を、今後も続けるためにもドローンを正しく使っていきたいですね。


<只今、タイで取材中。>


△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2019/04/06/(Sat) NAB 2019 Day_-1。

 今年もやって参りました NAB取材!
 5日に日本を発ち、一足早くラスベガス入りです。


<準備の進むコンベンションセンターを横目に…>


 本日6日は、プレスのレジストレーションだけで、特に取材も無し。
 レンタカーを借りて、2時間半ほど車を走らせ、グランドキャニオンへ遊びに行きました。



 夜は、明日からの取材の打合せ。
 いよいよ始まります!

△このページのTOPへ戻る

コメント

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


−>>2019/03/21/(Thu) デジ用リターン映像システム・モジュール検証。

 マルチカメラ収録を行うときに必須となる「リターン映像」。
 GY-HM660などの小型“デジ”などを使う場合は、カメラ本体の液晶モニタとは別にリターン映像用にモニタをもう一台設置して、2画面体制で「我が画」と「リターン」を確認するのが“デジ”を使ったマルチカムシステムの通例だ。

 だがシステムカメラであれば、リターン映像はカメラのビューファやモニタに返ってくるのが当たり前で、手元のリターンスイッチ1つで同一モニタに「我が画」と「リターン」をシームレスに切り替えることが可能だ。
 
 カメラマンは通常、肉眼で現実世界(被写体)とビューファーの中を同時、もしくは瞬時に目線を移しながら見て映像を作っているが、デジマルチのシステムのようにリターンモニターが別途設えられると、そのモニターを含めて3つのポイントを視点移動させる必要があり、システムカメラのリターンシステムよりも目線移動が多くなってしまうデメリットがある。

 そこで、私は以前からデジマルチでも「我が画」と「リターン映像」を同一のモニタで確認したいと思っていた。
 幾つかのガジェットやシステムで構築を試みたが、なかなか欲しい正解に辿り着けず半ば諦め掛けていたが、この度、デジ用リターン映像システムの構築目処を立てることができた。

 モジュール検証版なので作りは雑だが、動作の様子を見て頂きたい。



 システム遅延は約1フレームで、カメラ出力に遅延が無く、カメラビューファーとなるモニタを高速処理できるモデルを選べば、モニタ表示遅延は殆ど気にしなくて良いはずだ。

 動画ではボタンを押してから画面の切替までにタイムラグがあるように見えるが、このボタンの仕様が押し込み切ったところでコンタクトする仕様のためで、感度の良いボタンを使えば押した瞬間に画面は切り替わる。


 モジュールそれぞれの動作は確認できたので、あとはシステム化するだけ。
 タリーシステムなども別線を引かずに出先のカメラに送ったりするソリューションはできているので、今年はデジでもシステムカメラのようなマルチカメラ収録環境を構築できるかも知れない。

△このページのTOPへ戻る

コメント

BATAYANKUN(2019/03/21 15:58)
素晴らしい!!是非、商品化お願いします。

宏哉(2019/03/22 01:07)
ありがとうございます。
とりあえず出先カメラ用のリターンシステムは、このまま構築できそうです。今はネットや大阪・日本橋でパーツを買い漁っています。

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→ 


2019/02/01/(Fri) 

<準備中>



2019/01/10/(Thu)  Manfrotto“Manhattanムーバー50 バックパック”

 只今、海外ロケ中。
 今回はベトナム・ハノイに来ています。
 ハノイは1年半ぶり。
 ベトナムに来るのは4度目です。


 流石に東南アジアの発展は目まぐるしいですね。
 ハノイはまだまだ原チャ率高いですが、自動車の数もどんどん増えている感じ。
 街も朝早くから夜遅くまで、活気溢れています。

 あと、人口層が若い。
 街中も店も、若い人ばっかりですね。

 さらにご飯も美味しい☆
 しかも安い。
 4人でたらふく食べて、500,000 VND!――って、2,300JPY ですからね




 さて、今回の海外ロケに新しいアイテムを投入!
 それはビデオカメラを収納するバッグだ。

 今までは、キャリーバッグタイプの旅行汎用品を工夫して使っていた。
 1気室・片空けタイプ・4輪キャスターで、容量十分で機材アクセスもよく使い易かったのだが、一つだけ難点があった…。
 それは重量……。
 ケースだけで 4kg以上あり、カメラとバッテリーを収めると、簡単に機内持ち込み重量をオーバーしてしまう。
 バッテリーを他のスタッフに分散するなど、やりくりしていたが、やはりスマートに機内に機材バッグを持ち込みたかったので、カメラバッグを新調することにした。

 今回選んだカメラバッグは Manfrotto“Manhattanムーバー50 バックパック”
 1気室型のリュックサックで、スクエアデザインのシンプルな様相だ。
 ※https://www.manfrotto.jp/manfrotto-manhattan-camera-backpack-mover-50-for-dslr-csc


 今回のバッグ選びで重要視したのは、サイズとデザイン。
 まず、機内持ち込み可能なサイズであるというのは外せない絶対条件だ。
 さらにスクエアタイプのシンプルなデザインのバッグにしたかった。個人的にスクエアタイプの物が好みで、日頃使っているシティユースのリュックも、シンプルなスクエアタイプだ。
 シンプルなデザインで見せることで「軽量に見える」という効果も狙っている。空港で余計な検査を受けたくないからだ(笑
 その点で “Manhattanムーバー50”は最適な商品だった。

 次に、当然ながらハンドヘルドカメラが入ることが条件だ。
 JVC GY-HM660 が現在の海外ロケでのメインアームなので、まずはこのカメラが入ることが必要。
 さらに、機内持ち込み必須のバッテリー類を収容したい。
 また空港や機内でのアニメ鑑賞作業用に、MacBookPro も入れたい。
 シンプルなバッグを求めつつも、ペイロードはたっぷりと要求している。


 この点も“Manhattanムーバー50”は、あっさりとクリア。
 容量としては30リットル級のバッグと同等の収納力があると考えて良いだろう。
 バッグ自体の重量は公称 1580g。

 このバッグの特徴は、専用のインナーバッグが同梱されており、そのインナーバッグに於いて仕切などを使って内部を区切る仕様だ。



 インナーバッグに HM660やバッテリー類を入れて、メッシュカバーでフタをする。
 そして、そのインナーバッグをスルッと“Manhattanムーバー50”に入れる。逆に言うと、このインナーバッグを取り出さないと、カメラも取り出せない訳なのだが、結果的にはこの仕様が現場で有利に働いた(後述)。


<インナーバッグ>


 なお、一眼レフやミラーレス、もしくは小型ビデオカメラの場合だと、インナーバッグを取り出さずに“Manhattanムーバー50”から直接カメラやレンズの取り出しが可能だ。
 “Manhattanムーバー50”の背面部には内部にアプローチできるフタがあり、インナーバッグのメッシュカバーをしていなければ直接機材にアクセスできる。
 さらに、インナーバッグ内の仕切を工夫すれば、上下2気室のカメラバッグとしても使えるため、アクサリー類やサイドアームを上部の気室に分けて収納することもできる。


 さて、話を私の使い方に戻そう。
 MacBookProの収納は、外側に薄いクッション部屋が用意されているので、そちらに滑り込ませることが可能。
 さらにタブレットも入れられる別の部屋が用意されている。
 最外層には、A4クリアファイルが入る部屋も用意されており、こちらには ATAカルネやロケスケジュール/レジュメなど、空港などで直ちに取り出す必要のある書類を入れている。
 これは、かなり便利。

 今回は、JVC GY-HM660 とカメラバッテリ、LED照明用の Lバッテリ(F550タイプ)、Panasonic DC-GH5 と OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、さらに Apple MacBookPro 15インチ を“Manhattanムーバー50”に収める事にした。


<インナーバッグに仕切をして、カメラ類を入れる。>


 結果は、バッグが変に膨らんだりいびつになる事も無く、綺麗な形状を保ったままスマートに収容可能だった。
 見た目はクールだ。最高だ!


 で、いろいろ詰め込んだ“Manhattanムーバー50”を持ち上げてみる。
 ヾ(´゚Д゚`;)ゝ ヾ(´゚Д゚`;)ゝ ヾ(´゚Д゚`;)ゝ
 これは、海外ロケ行きたく無くなるレベル……。
 流石に、カメラ2台にレンズにバッテリー多数に MacBookPro 15インチでは重量級だ。
 ヤバイ、マジ重い…。

 そして、決心して背負ってみる。
 …………。
 
 *+。゚・(●`・д・´●)・゚。+*

 何だこれは??
 全然重さが苦にならない。
 これがリュックの魔術か!?

 手で持ち上げたときは苦笑いしかできなかった重量物が、背負ってみると一転、重さを感じないほどに軽量になる。
 登山で十数圓離螢絅奪を背負って登頂できる意味が分かった。
 今回、入れる物はカメラとバッテリーばかりなので、リュック収納の基本の「下を軽く上を重く」という重量配分は難しいが、肩ベルトを自分の身体に合うように調整した上で、チェストストラップやウエストベルトを締めれば、更に身体へのフィット感が増し、重量が背中に分散され軽く感じる事ができる。


<女性でも背負えば軽々と移動できる。>


 ちなみに、今回キャスター付きのキャリーバッグにしなかった理由は幾つかある。
 まず、キャスター付きの物は車輪と伸縮取手の装備により全体重量が上がるというデメリットがある。
 また、カメラバッグとしてのキャリーバッグは2輪式のタイプが多く、4輪式のように全方向に引っ張れない。これは、混雑する空港内では移動時に占有空間が大きくなり、他の人の蹴躓きを招くなど邪魔になる。私はそうした点も考慮して、基本的にキャリーバッグは全て4輪タイプにしているのだ。
 そして、4輪タイプだと複数のキャリーバッグを纏めて運ぶ事が可能だ。少人数のロケ部隊なので、1人でキャリーケースを3〜4個自分で運ぶこともザラだ。その荷物の中に2輪式の物が入ると、輸送力が落ちてしまうのでイヤなのだ。
 そうした事情により、今回キャリーバッグ型のカメラケースという選択肢は自分の中には無かったのだ。

 さて、実際に海外ロケに持ち出したが、実に快適だ。
 空港内もスムーズに移動でき、広い空港の移動でも疲れない。
 機内に持ち込んでも座席上の収納スペースに楽に収める事が出来る。
 足下が広い飛行機なら、前の座席下にも入るだろう。


<逆光で見難いが“Manhattanムーバー50”背負ってます>


 現地に入ってからは、カメラは常に裸で携行するので、いちいち“Manhattanムーバー50”に収める事はしないのだが、だがここでもこのバッグは活躍する。
 インナーバッグを取り出せば、“Manhattanムーバー50”は容量約26リットルの1気室バッグになる。そこに、LED照明や予備のバッテリーを詰め込んで取材車に放り込む。


<現地の取材車のトランク>


 実はこの点が「インナーバッグ仕様で良かった」と思う点た。
 バッグ本体で仕切を作るタイプだと、私の様に飛行機移動中と現場でバッグの用途が変わるような使い方をすると、その都度仕切を組み替えたり外したりする必要がある。
 だが“Manhattanムーバー50”だと、カメラとバッテリー用に組んだ仕切をそのままにしてインナーバッグを抜き取り、広く空いた1気室のバッグ本体を自由に使えるようになる。

 またリュックの場合、撮影現場に持ち込んで部屋の片隅に置いて於いても邪魔にならない。
 これが機材用ハードケースなどだと、余計な場所を取る。置いているだけなら邪魔にならないのだが、取り出したり撤収したりするときにハードケースはフタを大きく開ける構造上、スペースが結構必要になる。
 レストランなどの取材先ではスペースが限られるため、機材群を広げるのも一苦労なのだが、“Manhattanムーバー50”なら上部から内部にアクセス出来るので、フタの開放が最小限で、狭い食堂の片隅でもストレス無く機材の出し入れができた。
 特に今回、ベトナムで取材させて頂いたお店は庶民的で、バゲージを遊ばせておくような余計なスペースが無かったので、大変に助かった。
 これは「当たり!」の使い方だ。


 “Manhattanムーバー50”は撥水加工もされており、小雨程度なら十分に機材を守れるほか、専用のレインプロテクターも付属しており冬山ロケなどでも活用できそうだ。
 デザイン性も高く、軽量でスマート。
 これから、世界中の色々な国に連れて行くのが楽しみなカメラバッグである。


<500mlのペットボトルが入るサイドポケット付き>


※本日の推奨物欲


△このページのTOPへ戻る

コメント

nekka(2019/01/11 08:49)
ハノイの住宅のど真ん中を通る線路、昔と変わっていませんね!

宏哉(2019/01/11 13:37)
今はインスタ映え狙いで、若い人に人気のスポットですね。

Name   Message 
 日本の首都を入力する認証です→