楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT


 
>>> Next


〜 EDIUS @ Mac/MacBook Pro 購入 〜


(提出日:2011/11/08)




■MacBook Pro 購入

 Apple社の Macが PowerPCコアから Intelコアに移行する旨を発表して6年余り。
 それに前後して、iPod や iPhoneなどの普及も相俟って、一時期は風前の灯火に思えた Mac陣営に賑わいが戻ってきた。
 Macが安全なOSであるという神話は既に崩れ去っているが、一方で洗練されたデザインとシステムコンセプトは依然健在だ。
 iPhone や iPad などで Apple の提供するソリューションの魅力を既に堪能しているユーザは多いだろう。

 筆者は、半生を純粋な Windowsユーザとして送って来たが、ここに来て漸く Mac の導入に踏み切った。
 もちろん、これは Windows から Mac へメインプラットフォームを移行する事を意味しない。
 飽くまでも『道具』としての選択肢を増やしただけである。

 購入の切っ掛けは、8年間使い続けてきた WindowsノートPC が壊れてしまった事態だった。
 それ以前から「そろそろ新しいノートPCが必要だな」とも考えていたし「MacBook Pro という選択も楽しめそうだ」など想像を巡らせていた。
 そして奇しくもノートPCの破損が発覚したその日、『「MacBook Pro」を値下げ−CPUおよびGPU強化』というニュースが目に飛び込んできたいのである。
 ※http://ascii.jp/elem/000/000/645/645000/

 “破損の事態”と“値下げのニュース”がシンクロした以降の決断は早かった。
 直ちに相方に予算承認を取り付け、Apple Store で MakBook Pro の15インチモデルを選択。
 必要なカスタマイズを施して、購入ボタンを押下した。

 今回購入した MacBook Pro の構成は以下の通りである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
CPU:2.4GHz Quad-core Intel Core i7
Memory:8GB 1333MHz DDR3 SDRAM - 2x4GB
Storage:256GB Solid State Drive
Graphic:AMD Radeon HD 6770M 1GB GDDR5
ODD:8x Double-Layer SuperDrive
Display:MBP 15" HR Glossy WS Display(1680x1050)
I/O:Thunderbolt x1/FireWire800 x1/Display Port x1/Gigabit Ethernet x1/USB 2.0 x2
  SDXC x1/IEEE 802.11a/b/g/n/Bluetooth 2.1 + EDR 他
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 サブPCとしてノンリニア編集を行う事が目的でもあるので、高速なCPUと高解像度の液晶ディスプレイを選択している。


■Windows7 in MacBook Pro

 筆者にとっては初のMac購入であるが、単にMacの環境を享受するに甘んじるつもりは無かった。
 Intelコア採用以降可能になった、MacへのWindowsインストールを第一に行う計画をしていたのである。
 そのために、メインのストレージは SSD の 256GB を選択。これを OS X Lion と Windows7 に 128GBずつ割り当てて、MacBook Pro の中でデュアルブートさせる。

 Mac への Wiondws のインストールは、Mac OS X Lion に標準搭載されている“Boot Camp”というアプリケーションを用いることで簡単に行える。

 次のページでは、簡単に MacBook Pro への Windowsのインストール手順を追いたい。



 
>>> Next


△このページのTOPへ戻る