楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT


<<< Prev
>>> Next


〜 LEDビデオライト“SONY HVL-LBPA”/(企画)DC-DCコンバータ 〜


(提出日:10/01/27)




■ENGカメラで HVL-LBPA を利用する

 HVL-LBPA の電源は、SONY インフォリチウム Lシリーズ・バッテリである。
 Lシリーズ・バッテリは、SONYの業務クラスHDVである HVR-Z5J や HVR-Z7J などに使われるバッテリと同じ物であり、同社のカムコーダユーザであれば、手持ちのバッテリを利用でき、バッテリチャージャも流用できるのでイニシャルコストを抑えることが出来る。

 反対に HVL-LBPA は、電源に Lシリーズ・バッテリしか利用できない事が問題にもなる。
 他社製品には、カムコーダバッテリの他に、乾電池や外部の12V電源などを利用できる物もある。
 それらの製品は、併用するカムコーダや使用状況に応じて、幅広い電源の選択が可能になっている。

 特に、ビデオライトを ENGカメラで利用したい場合には、外部12V電源は有用となる。
 最近の ENGカメラの多くは、Dタップと言われる ビデオライト用 12V電源コンセントが用意されている。


<Dタップ(D-tap)。VFの根本辺りに装備されている。>


 このDタップとビデオライトを接続することで、カメラ側から直接ライト用電源が供給され、ライト専用のバッテリが不要になる。
 これは、取材時の手荷物が減らせるほか、カメラオペレーション時の軽量化にも一役買う。
 しかしながら HVL-LBPA は、そういった外部の電源を利用できる仕様になっておらず、ENGカメラで使う場合には、標準仕様通りに Lシリーズ・バッテリを装着してカメラに取り付ける必要があり、結果としてオペレーション重量は増加してしまう。

 そこで、HVL-LBPA で Dタップの利用が出来るアダプターを製作することにした。


△このページのTOPへ戻る


■DC-DCコンバータ

 Dタップ電源は、12V直流である。
 対して、HVL-LBPA は、7.2V直流。
 HVL-LBPA自体に降圧回路が入っている可能性はあるのだが、万が一にも高負荷で故障させてしまっては困るので、電圧を下げる降圧回路内蔵の DC-DCコンバータを製作する。


 電力変換装置の要となるスイッチングレギュレータには、Pch MOS FET内蔵の ROHM製“BD9702”を利用する。
  ※ROHM BD9701/BD9703/BD9702 Technical Note(PDF)
   http://www.rohm.co.jp/products/databook/power/pdf/bd9701fp-j.pdf


 BD9702 は、入力電圧 8〜36Vまで対応しており、出力電流は 3.0Aまで対応。
 HVL-LBPA は、7.2V 16W という仕様になっているので、回路には約2.2Aの電流が流れる。
 1.5A まで対応のスイッチングレギュレータが多い中、3.0A対応の BD9702をはその条件を満たしており、これを選んだ。
 また、BD9702 は外付け分割抵抗にて出力電圧を設定できるため、半固定抵抗を利用して、必要出力電圧を得る仕様にする。
 これにより、入力 12V DC 以外にも 最大36Vまでの外部電圧に対応でき、Vマウントのリチウムイオンバッテリ(14.4V)などを電源として、7.2Vに降圧する事も可能である。

 今回製作する DC-DCコンバータは、変換アダプタとして直接 HVL-LBPA に取り付けたい。
 そこで、不要になった手持ちの Lシリーズ・バッテリの筐体を利用して、コンパクトにライト本体に装着できるようにした。
 また、Dタップ以外にも多様な外部電源に対応するために、コネクタケーブルは取り外し可能な物にする。
 半固定抵抗と併用することで臨機応変な運用が出来るようなる。

 アダプタは、フルメンテナンスに対応し、繰り返し分解/組立が可能なように設計。
 BD9702は、稼働中には高い発熱があるため、放熱器が上部に来るように配置し、そこを基点にして各電子部品を組み込んでいく。
 電源出力端子は、そのまま Lシリーズ・バッテリの金具を利用するので、回路下方部に向かって回路を組み立てた。


 回路が正常に組み上がったことを確認できたら、筐体への組み込み。
 筐体は、Lシリーズ・バッテリ の NP-F960 を利用したが、高さ方向を圧縮することが出来た為にケースを短縮工作し、結果として NP-F700系と NP-F900系の中間ぐらいのサイズに収めることが出来た。
 重量は、ケーブル込みで 114g しかなく、NP-F950(278g)やNP-F730(182g)よりも軽量となった。



 フルメンテナンス対応のために、ネジでケースと基部の固定を行い、完成。

 1時間強の連続点灯テストを行ったが、安定して点灯し続けた。

 この DC-DCコンバータにより、HVR-S270Jを初めとする ENGカメラでの運用が可能になる。



 課題としては、まず1つにアダプタの更なる小型化である。
 基板レイアウトの工夫でさらに小さくできると思われる。
 接続ケーブルも交換式ではなく固定タイプにすれば、なおコンパクトに収まるであろう。

 また、HVL-LBPA は SONYのインフォリチウム・バッテリとの運用が最も相性の良いように設計されているため、非インフォリチウムの場合は、点灯に少し時間が掛かる。
 インフォリチウムの場合は、電源オンから点灯まで1秒未満なのだが、非インフォリチウムでは約3.5秒掛かる。
 この問題は、筐体に使った NP-F960などに内蔵されているインフォリチウム基板を利用し、HVL-LBPAを欺瞞すれば解決できる可能性も秘めている。
 電子回路に詳しい方は挑戦されてみては如何だろうか?








※関連製品:

         



<<< Prev
>>> Next


△このページのTOPへ戻る