楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT


<<< Prev
>>> Next


〜 SONY HVR-S270J/Z7J/Smooth Slow Rec 〜


(提出日:08/03/01)



■Smooth Slow Rec 機能

 “Smooth Slow Rec”は、カムコーダでの撮影時に、CMOS素子の高速読み出しの特性と、メモリバッファリングを組み合わせ、カメラ本体に搭載する“Enhanced Imaging Processor”の高速処理技術により、滑らかなスローモーション映像を得ることが出来る機能だ。
 従来機種にも搭載されている機能で、民生HDV機では HDR-HC1 から搭載されているが(なめらかスロー録画)、新機種がリリースされる度に画質面の改善がされてきている。
 HVR-S270J/Z7J では、最大12秒間の記録が可能で、また記録解像度も 672x360p と大幅に高解像度化されている。

 下に、従来機種 HVR-V1J との“Smooth Slow Rec”録画時の解像度比較表を示す。

記録時間(秒) 12 秒 6 秒 3 秒
再生時間(秒) 48 秒 24 秒 12 秒
HVR-V1J 512 x 320i 512 x 320i 640 x 360i
HVR-S270J・Z7J 672 x 360p 672 x 360p 672 x 360p


 残念ながら HD解像度での記録とまでは行かないが、SD品質であれば十分な解像度まで改善されている。

 実際の画質は、記録時間が3秒・6秒・12秒と長くなるに従って、画質が落ちていく。
 解像度はそのままなのだが、量子化ノイズが増え、ディテールが失われていく。
 それでも精細さは残っており、民生機の HDR-HC3 で私が体感したようなピントがボケけたような印象は無くなっていた。
 ※参照:【Next-Zero】『HDR-HC3 使用レポート(/なめらかスロー録画)』

 以下にサンプル画像と、HD解像度記録したファイルをダウンロード出来るようにした。
 実際にどの程度使える画質になっているか確認していただきたい。

・記録時間:12秒/録画時間:48秒


HD解像度サンプル動画 >>S270J-080301-01.zip



・記録時間:6秒/録画時間:24秒


HD解像度サンプル動画 >>S270J-080301-02.zip




 実際の動画を見てみると、記録時間:6秒の方がノイズが少ないことが窺える。
 ゴルフのスイングなど、短いモーションの記録であれば3秒・6秒で十分だろうから、画質面でも満足できる機能ではないだろうか?


<左:記録時間6秒 / 右:記録時間12秒>



 上の画像は、それぞれ実寸サイズで切り出した物。
 被写体は厳密には違うが、石垣のディテールや車に乗っている量子化ノイズの加減の違いが一目で分かると思う。



※関連製品:
     



<<< Prev
>>> Next



△このページのTOPへ戻る