Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/next-zero/www/nle/SEREN5/01.php:2) in /home/next-zero/www/php/format.php on line 72

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/next-zero/www/nle/SEREN5/01.php:2) in /home/next-zero/www/php/format.php on line 81
【Next-Zero】『Core i7 で NLE環境構築(/ベンチマークテスト)』
 
 


楽天市場



B&H



Amazon.co.jp



・ ・ ・

 >>Grass Valley
 >>Adobe
 >>SONY
 >>Panasonic
 >>Manfrotto

 >>楽天市場
 >>ビデオ近畿
 >>SYSTEM5
 >>kakaku.com

【Next零 ;Key Contents】


reTMCD



Eye-One Display2
レンタル



非公式データバンク
EDIUS Bench



HVR-S270J
関連レポート


【Note; Affiliate】




サウンドハウス




Article offer cooperation


* * *
ACC*Software Leading...


Hosting Management by


* * *

BBS7.COM
MENURNDNEXT


<<< Index
>>> EDIUS Bench


〜 Core i7 で NLE環境構築 〜


(提出日:09/02/12)



■使用感


 さて、実際の使用感だが、ノンリニア編集に於いては実に動作が軽快になった。
 この3年半のPCスペックの差には、隔世の感がある。
 特に、エンコードにおける処理速度は、思わず笑みがこぼれてしまうほどに速い。

 また、今回は CPUのオーバークロックを行い、 Core i7 920 のデフォルト 2.66GHz を 3.00 GHz で常用している。

 マザーボードの GIGABYTE GA-EX58-UD5 には、「Easy Tune 6」という、オーバークロックツールがバンドルされており、Windows上から、簡単にシステムのオーバークロックが可能となっている。



 私のような、オーバークロック初心者でも、用意された3択から望むクロックレベルを選択するだけで良いのだ。

 選択すると、システムの再起動が掛かり、オーバークロックされた状態で起動する。
 立ち上がらなければ、マザーボードのバックパネル部分にある CMOSクリアスイッチを押せば、標準状態に戻りシステムを再起動できる。


 Easy Tune 6 では、最高 3.20GHz までのオーバークロックレベルが用意されているのだが、幾つかの実験で CPU 8コアを 100% 利用して長時間の負荷を掛けた場合、CPU温度が70度近くなり、突然マシンが終了してしまった。

 速くなればなるほど嬉しいが、現状の私のマシン使い方を色々検証して、様々にベンチマークを取った結果、3.00GHz で諸条件を満たすと判断し、3.00GHz で安定した運用をしている。

 なお、3.00GHz 運用時の CPU温度はアイドル時41度、高負荷時(8コア100%使用)で 62度前後まで上昇した。


 ファンノイズに関しては、十分に静音の範囲だろう。


△このページのTOPへ戻る


■ベンチマークテスト

 では、SEREN-Vの性能などベンチマークテストで見ていきたい。

 CPU は オーバークロックした Core i7 920 の 3.00GHz。
 OS は Windows XP SP3 32bit版である。


▼PCMark05
 まずは、定番のベンチマークソフト Futuremark の PCMark05 を使ったテスト。
 ※http://www.futuremark.com/
 掲載結果は、トータルスコアであるので、G/B の性能などが多少足を引っ張っているかもしれないが、出来は上々だろう。


 月刊誌の DOS/V POWER REPORT 2009年2月号 のテストと比較すると、定格の i7 920 で 7287、i7 940 で 7440、最上位の i7 965 で 7979 をはじき出している。

 マザーボードや G/B、メモリ構成などは違うが、SEREN-V の現在の構成で 7943 と言うスコアは、最上位の Core i7 965 に迫る好成績だ。

 もちろん、最上位の Core i7 965 をさらにクロックアップすれば、もっと成績が向上するのだろうが、リーズナブルな Core i7 920 をオーバークロックすれば、価格が3倍ほど違う i7 965(定格) に肉薄できるのだから、やはり、 Core i7 920 のコストパフォーマンスは素晴らしい。


  ▼HDBENCH Ver3.40 beta6
  HDBENCH:http://www.hdbench.net/
 HDBENCHは、古くからある総合ベンチマークテストのソフトだが、ここ数年はバージョンアップがされておらず、多少信頼性に欠ける。
 しかし、マルチプロセッサ対応であることと、当サイトにもいくつかのベンチ結果が残っていることから、このベンチマークを使って計測してみた。。


 結果は上図表の通りである。
 なお、今回のディスプレイ環境はマルチディスプレイで、1200*3200*32bit という環境で行っている。

 旧機の SEREN-IV でのトータルスコアは、97900。
 現行機の SEREN-V が 228125 であるので、その差は歴然だろう。




<<< Index
>>> EDIUS Bench



△このページのTOPへ戻る